“映画のタスキ”

懸賞 2005年 07月 16日 懸賞

わたしは、優柔不断です。
そのわりに、はっきりしないことは嫌いなので矛盾してるのですが。
そんなこんなで(?)、映画は一つに絞れません。
勝手にいくつか挙げてしまいますっ。

1. 過去一年間で一番笑った映画
『茶の味』 笑いました。和みました。
『恋の門』 いつもクールというかボーッとしているというか、とにかく"静"な印象の松田龍平が
       あんなふうな演技もするんだなと驚きました。そして酒井若菜に改めて惚れました☆
『オー!ブラザース』韓国映画です。テンポがよくて、面白かったです。
『ベルヴィル・ランデブー』 フランスアニメです。傑作です。
『バーバー吉野』 荻上直子という監督の作品です。微妙な空気感がたまりません。
『地球を守れ!』これも韓国映画。発想がすごいです。

2. 過去一年間で一番泣いた映画
『1リットルの涙』 実話を基に映画化したものです。母の愛と少女の真っ直ぐさに、涙が
          とまりませんでした。親子愛には弱いんです。
『ブラザーフッド』 『シルミド』(未見)の方が良かったよ、と知り合いの方数人に言われましたが、
          わたしは兄弟愛にも弱いんです‥。
『隠し剣鬼の爪』 松たか子の、しおらしさと柔らかさにやられました。
『コーラス』 フランス映画です。ありきたりと言えばありきたりな感じもしますが、泣きました。
       子供にも弱いんだった。

3. 心の中の5つの映画
『耳をすませば』 何度観ても、いいです。大好き。
『チルソクの夏』 青春!って感じです。
『ミクロコスモス』 これは感動モノです。世界はきれい。
『ジョーズ』 たぶん、初めて観た映画です。金曜ロードショーか何かでですけど(笑)。
      とにかく怖かった!今観ると、ホント作りものって分かるのに~。
『ガンマー第3号 宇宙大作戦』 1968年に作ったというだけでも、やっぱりすごい。

4. 見たい映画
『スパニッシュアパートメント』
『プリンス&プリンセス』
『カナリア』
『エレファント・マン』
『カロン』
『姑獲鳥の夏』
『フライ、ダディ、フライ』
『メゾン・ド・ヒミコ』
『カーテンコール』

などなど。
書きたいことはたくさん!観たいものもたくさん!

なんだか今、ふと『Jam Films』の中の堤幸彦監督『HIJIKI』
観たくなりました(笑)。公開時、渋谷のシネ・アミューズで観たんです。
すごく面白くてすきです~。

もっともっと、映画に時間を費やせたらいいのに。
[PR]

by ccaorii | 2005-07-16 02:27 | 日常

<< 『Title of mine』   あれ!? >>